サイトメニュー

小顔を実現します

注射器

筋肉の収縮や過剰な汗の分泌を抑制できます

ボトックスは美容クリニックにおいて定番メニューになっており、小ジワを伸ばすなどの効果があります。エイジングケアとして利用されることが多いですが、小顔に整えたり脚やせにも利用したりすることが可能です。多汗症を改善することができ、いろいろな効果を期待することができます。ボトックスはボツリヌス菌から得られたタンパク質の一種で、アセチルコリンと呼ばれている神経伝達物質などの分泌を抑えることが可能です。このアセチルコリンは汗腺や筋肉などに作用していて、ボトックスを注射すると分泌が抑えられます。筋肉収縮や過剰な汗の分泌を抑制し、幅広い世代の人が利用しているプチ整形です。表情ジワの改善が有名ですが、エラ張りを改善したり脚やせ効果があります。20代〜30代においてエラ張りや多汗症改善を目的に施術を受ける人が多く、30代〜40代の場合はシワの改善や多汗症改善などのよく利用されています。50代〜60代になるとアンチエイジングとして利用されることが多く、女性を中心に人気のある施術です。特に筋肉を動かすことから現れるシワに効果があり、注射を打つ箇所として眉間や額、鼻根部や目尻などの表情ジワが現れる部位が一般的です。ボトックスにはいろいろな美容効果がありますが、歯ぎしりなども改善することができます。ボトックスをエラに注射すると筋肉収縮を抑制するのでフェイスラインがシャープになったり小顔効果なども期待することができますが、それに伴って強く奥歯を噛まなくなるので歯ぎしりをしなくなった人も多いです。
ボトックスは多汗症やスソワキガなどの治療にも利用されています。汗腺はエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、ボトックスはこのエクリン汗腺から出る汗の分泌を抑制する作用があるので、足の裏やワキといった通常よりも多くの汗が分泌される症状を改善することが可能です。汗のニオイに関してアポクリン汗腺から流れる汗が皮脂腺から分泌する脂肪分や、エクリン汗腺から出る汗と混ざることによって常在細菌が分解することとニオイが起こります。ボトックスを注射すると汗の量を少なくすることができるので、ニオイも軽減することが可能です。デリケートゾーンの強いニオイをスソワキガと言いますが、ニオイを抑える効果が期待されています。脚やせ効果を発揮することができ、脚の気になる部位に注射を3ヶ月〜4ヶ月毎に利用すると筋肉が痩せてきます。尚、普段の生活において運動量が多い人の場合、ボトックスを注射すると動きに支障が出るケースもあるので施術を受ける前に医師と相談することをおすすめします。ボトックスはリピーターが多い人気の施術で、同じ部位において定期的に注射する人がいれば、他の部位にもチャレンジする人がいます。定期的にメンテナンスすることによって効果を持続することができ、注射を打たなければ以前の状態に戻すことができるので、気軽に試すことができるでしょう。施術するにおいて細い針を利用するのでそれほど痛みを感じることはありません。刺入点において内出血などを起こすことがありますが、次第にましになっていきます。施術当日は飲酒や運動・入浴などを控えておくと安心です。